世の中はクソである。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中はクソである。

ひらきなおって人生を楽しむ!

理解できなくとも尊重してあげなくてはならない。

f:id:ideo-map:20170527205744j:plain

文章として綴れば当たり前のように聞こえてしまうが、僕は最近改めて「人ってそれぞれ違うもんだな」と実感している。つまりそれは「個体差がある」っということだ。

僕はそういう意味では結構「平均的な個体」とはかけ離れている。

労働の話で例えてしまうのだけど、僕は極端に体力がない。極端に忍耐力がない。極端に一つのことが長く続かない。どんな仕事にも不可欠な必要最低限の能力が極端に低い、よって仕事に向いていない。

当然仕事は基本嫌いだし、悪くないなと思う仕事も所詮は「悪くない」「まだマシ」であり、決して仕事を好きにはならない。

職場の飲み会も行きたくない。というかそもそも仕事後にそんなに体力が残っていない。

でも世の中には仕事が好きで、職場の飲み会も楽しみにしている。なんて人が存在するから不思議だなと思う。

そんな人からしてみれば、僕のこの仕事イヤイヤ節なんて完全に「甘え」の一言で終わりだし、仕事後の飲み会に参加しない理由も、「体力が残ってません」なんて言うもんなら「な~にいってんのー?さぁいこいこ!」と完全にスルーされてしまう。

僕はこういうマジョリティの鈍感な態度に長い間ムカついていたのだけど、いや、今もムカついているのだけど、でも「そりゃ理解できるわけないか」と思えるようになってきてから、なんだか少し許容できるようになった。

僕じゃないんだからこの感受性がわからなくて当然だ。

僕というマシーンに一度乗っけてあげたいもんだ。すぐにバッテリーがきれるし、耐久性ひくいし、物事にすぐに飽きてしまうこのマシーンに。そしてその時はじめて気づくだろう「あぁこりゃだめだ」と。「僕くんの言う通りだ」と。

逆に言うと僕は「そっち側」の感覚がわからない。週に5日も労働して、土日も遊びまくれるその体力がわからない。ましてや仕事後に遊びに行く人の感覚なんて全然わからない。

それらはもう「個体差」としか言いようがない。これだけの個体差があればそりゃ同じ感覚なわけがない。そう思えるようになってから少し楽になった。と同時に、僕も自分の中のあたり前が必ずしも他人のあたり前ではない。ということを心しておきたいなと思った。

世の中には何十億とか、こんなにたくさんの人がいるんだ。そりゃ中には僕のような稀な個体がいて当然だと思う。そして理解できないのは当然だけど、「そういう人もいる」という想像力だけはいつだって欠いてはいけないなと思った。

「そっか、君はそうなのか」とできるだけ尊重してあげたい。いや、尊重してあげないといけない。

きっと僕も知らないうちに誰かの感受性を迫害していると思うから。

その時でなければ楽しめないことがある。思想の卒業式

人生何かをはじめるに遅すぎることはないと思う。

だけど、その時でなければ共感できないことや、楽しめないことが僕はあると思う。

例えばここ数年で「新卒蹴ってフリーランスになっちゃいました」系テヘペロ大学生ブロガーをネットでよく見る。

正直彼らの書いているワクワクした新世代的内容の記事が今の僕には全く刺さらない。だけど、僕が25歳とかその辺の頃は、そういう記事に対し素直にワクワクしていた。

ブログで稼いで、仲間とシェアハウスやったりなんだか楽しそうだ。今の僕は全然馴染めないと思うけど当時の僕ならそういうのやってみたかったと思う。

歳をとり、考え方が変わり、思想の脱皮を繰り返し、いつの間にか楽しめていたものが楽しめなくなる日がくる。

それは成長でもあるし、卒業でもある。

もう一つ例をあげてみる。

僕がクラブデビューを果たしたのは27歳の時で遅咲きだった。正直こんなところがあるのかと言わんばかりに、音と酒が楽しかった。

でも少し残念なことに、音と酒は楽しいんだけど、クラブにいる属性の人達、いわゆるウェーイ系やパリピ族、その辺の若者とはなんとなく波長が合わなかった。

僕が20歳の頃とかだったら、その辺ともっと楽しめていただろう。なんて思うと、もう少し早くクラブに出会いたかったなと思う。きっとその時であればクラブがもっと楽しかったと思うし、色んな友達ができていたと思う。

もう一つ毛色の違う例をあげてみる。

僕は歳をとるにつれて明らかに性欲が減退した。性欲が減退する日がくるなんて思ってもみなかった。が来た。そう考えるともっと遊んでおけばよかっただなんて少し思ってしまう。それこそ先で述べたクラブデビューがもっと早かったら楽しかっただろうに。

 

そんな感じで人は色んなものを卒業しながら生きている。思想的な卒業だったり、若さとの卒業だったり。

そして、やっぱり卒業後というのは卒業する前に楽しめたことが楽しめないのだ。その頃のようには二度と楽しめないと思う。

そしてその「卒業式」は突如勝手に訪れる。そして戻れない。だから私たちはその時々の欲求とか思想に全力で向かっていくべきだと思う。

そしてその時楽しめることを楽しみ尽くして、次のステージに進みたい。

もったいぶっていると、突然卒業式がやってくるかもしれない。

まぁ卒業式が来ちゃったら来ちゃったで、それはそれでいいんだけどね。

でもやっぱその時でしか楽しめないようなことはあるし、「あの頃の自分だったら楽しかっただろうな」ということを目の当たりにすると、少し羨ましく思えてしまうのだ。

恋愛感情における「好き」の勘違いについて

最近こんな記事を読みました。

価値観の不一致で離婚に至ったカップルが、「じゃあそもそもなんで結婚したのか?」という話で、「相手に迫られたから」というのが一番の理由とのこと。そんなことが記事に書かれていた。

なんか凄い「わかるなぁ」って気がした。

というのも、自分の体験からも思うのだけど、人って割と「好き」を勘違いすることが多いと思う。

どういうことかと言うと、「好き」という気持ち自体に偽りはないんだけど、本来価値感的には合わない人を好きになってしまうことがよくある。

例えば、童貞時代は顔がタイプだとか、ちょっと優しくされたとかで、中身をそんなに知らなくても激しく好きになってしまうことがあった。

童貞に限らずだけど、なんとなく表面的にノリがあったり、ちょっと共通点があったり、タイミングがあったりすると、人はすぐに恋愛感情をもってしまう。

また、逆の立場からするとそれは凄いよくわかる。

「絶対この子のタイプは俺じゃない!」と胸はって言える女の子から好かれたことがあった。ちょっとDQNっぽい子だったんだけど。この子は絶対もっとオラオラしたEXILEみたいな人か、もしくは結構チャラめの人がタイプだ。

なんか僕のことを勘違いしている。たぶん僕という人間を正しく理解していない。僕はキミの思うような人じゃない。

案の定、深い話をするとあまり話がかみ合わず、本質的な価値観や相性はやはりよくないように感じた。

でも相手は自分のことをなぜか好きだから、凄い優しくしてくれるし、ノリはよくて楽しいし、まぁまぁ可愛いし、なんか積極的だし、全然嫌な気はしない。そして、そんな「勢い」とか「ノリ」で結局同棲までしてしまったことがあった。

僕は途中でストップしたけど、そこまでいくとあとは「情」とかも入ってきて、人によってはこんな感じで結婚に至る人は結構いるんじゃないだろうか。

割と表面的な部分で人を好きになって、勢いとかタイミングで付き合って、一緒にいると情が入ってきて、いい歳だからとか世間体も付随して、結局結婚まで至る。

でも、そんな「恋愛モード」も3年とか5年とか、いつかは落ち着いて冷静になる。そして、今まで「恋愛モード」でなんとなく許されていた「価値感の不一致」みたいなのが表にでてきて、「あぁなんか違う」みたいなのになるんだろう。

だから冒頭に述べた、価値観の不一致で離婚に至ったカップルの「そもそもなぜ結婚したのか?」に対して「相手に迫られたから」という理由になんか共感してしまったのだ。

だから僕は「恋愛モード」の状態を全く信用していない。自分も相手も。なぜなら絶対にソレはいつか醒める。ある意味全然ロマンチックじゃないかもしれないけど。

だから、恋愛モード抜きで本質的に価値観や相性が合うのかどうかを見極めるようにしている。

ちなみに僕を勘違いで好きになった子は僕が去ったあと、秒で違う人といい感じになっていた。案の定チャラめの人だった。

そもそも「仕事」に向いてない。

f:id:ideo-map:20170514021702p:plain

僕はそもそも働くことが好きではなかった。

好きではない、でもしないといけない、だからせめて働いていることをできるだけ実感しないよう「好きなこと」を仕事にしようと早い段階から思っていた。

それから、僕は両手両足ほど様々なジャンルの職業を転々とした。工場だったり、農業だったり、夜の仕事だったり、WEB制作だったり。色々と自分の「好き」に耳を澄ませ、自分に適する職は何かを考えながら動いた。

 

結果、現在アラサーニート。

そして思うのは「あぁ、僕はそもそも仕事に向いていなかったんだな」ということ。

サッカーに例えてみる。いかにドリブルが上手くても、いかにパスが上手くても、そもそもある程度ピッチを走り回れる基礎体力がなければ、それらの能力を十分に活かすことはできないし、活躍できない。

それと同じようなもので、そもそも「仕事自体に向いていない」場合、どんな仕事をしても、なんかやっぱりダメだ。続かない。

職業に向き不向きがあるように、僕はそれ以前にそもそも仕事自体にも向き不向きがあると思う。

 

だいたいの仕事に共通していることは、メンタル面含め「体力」がいる。そして「忍耐力」がいる。さらにはある程度同じことを繰り返す「継続力」が必要だ。

それらがさっきサッカーの例で言った、基礎体力で、僕は「体力」はないし「我慢できない」し、「すぐに飽きる」。

逆にこれらがある人は仕事に向いている人だ。その上で、自分に合った仕事に出会えれば凄く大成すると思う。

 

そもそも「仕事」に向いていない。

 

なんだそりゃ、思いもしなかったわ。そして人生ハードだわ。

でも、たぶんだけど、僕は子育てとか、家計の管理だとか、家族を運営することとか、そっちは結構できる気がするんだよな。完全に性別ミスってる。まぁ知らんけど。

 

でも「仕事自体に向き不向きがある」ってのはマジであると思うよ。

さっきも言ったように「体力」「忍耐力」「継続力」これが最低限の仕事向きの条件。というかこれがないとまず仕事に向いてない。

【養って欲しいとか意味がわからない】日本人女性のメンタリティが嫌いだ。

 僕はここ数年、日本人の女の子にかなり嫌気がさしている。もちろん、海外の女性がどうとかあまり知らないし、僕の関わった女性が偏っていたということもあるだろうし、一概に断言できるものではないのだけど。

下記、僕がうんざりしている日本人女性像はこんな感じだ。

  • 主体性がない、受け身、すぐ男にリードしてもらいたがる。(でもダメだしはする)
  • 感情的ですぐ流される、自分の意見がない。
  • 男女平等を主張するけど都合のいい部分はレディーファースト。そしてその狡さに自覚がない。
  • 養って欲しいとか言う。大人同士なのに「養う」とか僕には意味がわからない。
  • 今が楽しければよし的な傾向がすぎる。
  • 政治とか国際情勢とかよくわからない。無関心。
  • 会話にユーモアとか面白さが男に比べて少ない。

こうして並べてみると、日本人女性の「主体性の欠如」が全ての根源な気がする。

「主婦になって、いざとなれば養ってもらえる」とか「女は愛嬌あればなんとかなる」みたいな従属的なメンタリティが日本人女性の主体性を奪っている。

主体性がないから、真剣に考えることも、自分の意見をもつことも少なく、なんか楽しければOk的な感じに流れてしまう。

誰かが何とかしてくれるというマインドだから政治や社会への関心が薄かったり、自分から面白いこと言って盛り上げてやろうみたいな感じにもならない。

それでいて「してもらって当然だ」みたいな感じの子が本当に多い。

まぁ確かに世の中可愛いは正義で、多少そんなでも顔とかおっぱいとかに男は屈服せざるをえないところはある。でも歳をとるにつれて、それだけじゃあもう満足できなくなってくる。

 全員が全員でないことはもちろんわかってる。だけど一人の女性として精神的に自立してない女の子が多い気がする。

結局女性がそんな感じだと、社会全体もそっちにながれて、とても幼稚なものになっていく気がする。

まぁあくまでも近年僕の出会った女の子の傾向だし、「いや、そんなことないよ!」という希望に満ちた反論があればむしろ嬉しい。