世の中はクソである。

世の中はクソである。

居場所がほしい

最近の仕事嫌いツイートまとめ

 

www.ideo-map.com

田舎が窮屈に感じる理由

f:id:ideo-map:20170530024517j:plain

僕は田舎に住んでいる。ニートだ。まぁ田舎にも規模があって、でっかい田舎だったり、限界集落的な田舎だったりピンキリなんだけど僕が住む田舎はまぁ人口4万人ぐらいの小さい規模だと思う。

僕は断然都会の方が好きだし、過去の記事でも都会万歳的な記事を書いていたんだけど、まぁ最近になって、田舎っていっても規模もピンキリだし、人間求めるものも違うし、田舎の方が居心地がいいって人も当然いるわなぁと思うようになってきたので、別にどっちがいいとかもう言うつもりはない。

ただ、僕は今まで田舎に住んできてとても窮屈な思いをしてきた。だけど、じゃあ「なぜ窮屈なのか?」ということがよくわかっておらず、言語化できなかった。

なんとなく窮屈だ。村社会だからだ。でも村社会ってなんだ?とか、なんかよくわかんないまま漠然窮屈だった。

でも最近それがわかった気がするのでいくつか理由をあげてみる。

理由1.人目が気になってしまう。

やっぱり田舎は狭い。狭いし、それが地元であれば小中高時代の知り合いとかにたまに会う。それが嫌なんだ。

今でこそ「ニートです。テヘペロ」的な勢いだが、正直それでもできれば会いたくない。今更何を話していいのかわからないし、自分のことを聞かれても何て言ったらいいのかわからない。

いずれにせよ知り合いに会うのが嫌なので、スーパーやダイソーとか買い物に行くときは深めに帽子を被っている。

理由2.家族連帯責任である。

田舎というのは狭いのですぐに噂が広まる。どこどこの息子さんが結婚したとか、娘さんが離婚して子供連れて帰ってきたとか、家でも親が話していることがある。

ということは自分もどこかの誰かさん家では「ひきこもってる」とか言われているのだろう。そんなことを考えると、コンビニでエロ本を読むことさえできない。

いずれにせよいい噂も悪い噂もすぐに広まるので、田舎ではあまり無茶なことはできない。自分だけなら全然OKだが、家族連帯責任なのだ。

理由3.みんなといい関係でいなくてはならない。

田舎が窮屈に感じる理由の最大の理由がこれだと思う。やっぱり狭いので誰かと揉めたり衝突したりできない。関係を悪くしては自分自身、または家族が生きづらくなってしまうからだ。

つまりみんなといい関係でいなくてはならない。嫌なことがあっても嫌だといえない。会社で理不尽なことがあってもNOといえない。

会社で社長と揉めて辞めてしまえば、噂になるし、近所で鉢合わせになったら気まずいし、また、同じ職種で違う職場があるかどうか...。

だから田舎におけるコミュニケーションは「波風立てず」が正解なのだ。本当に4万人ぐらいの規模だと、なんかしでかしてしまった場合、もうそこには住めなくなるというのはあると思う。

 

 

以上が田舎が窮屈に感じる理由だ。まぁ半分は田舎というよりも地元+田舎という感じだけど。地元ではない田舎で、規模も小さすぎない田舎であれば、そんなに窮屈に思わないのかもしれない。

最後に、都会のメリットを一言で言うなれば「選択肢」の多さだろう。選択肢が多いことは無条件で善だと思っている。特に変わり者であればあるほど、都会の方が居心地のいい居場所が見つかりやすいと思う。

また、最近思う田舎のメリットは自分の影響力が町全体に届きやすく、生活しているという実感、地域の人と繋がっているという実感がもちやすいところだろうか。

まぁ一長一短あると思うけど、とにかく田舎が窮屈に感じる理由はそんなところだ。

理解できなくとも尊重してあげなくてはならない。

f:id:ideo-map:20170527205744j:plain

文章として綴れば当たり前のように聞こえてしまうが、僕は最近改めて「人ってそれぞれ違うもんだな」と実感している。つまりそれは「個体差がある」っということだ。

僕はそういう意味では結構「平均的な個体」とはかけ離れている。

労働の話で例えてしまうのだけど、僕は極端に体力がない。極端に忍耐力がない。極端に一つのことが長く続かない。どんな仕事にも不可欠な必要最低限の能力が極端に低い、よって仕事に向いていない。

当然仕事は基本嫌いだし、悪くないなと思う仕事も所詮は「悪くない」「まだマシ」であり、決して仕事を好きにはならない。

職場の飲み会も行きたくない。というかそもそも仕事後にそんなに体力が残っていない。

でも世の中には仕事が好きで、職場の飲み会も楽しみにしている。なんて人が存在するから不思議だなと思う。

そんな人からしてみれば、僕のこの仕事イヤイヤ節なんて完全に「甘え」の一言で終わりだし、仕事後の飲み会に参加しない理由も、「体力が残ってません」なんて言うもんなら「な~にいってんのー?さぁいこいこ!」と完全にスルーされてしまう。

僕はこういうマジョリティの鈍感な態度に長い間ムカついていたのだけど、いや、今もムカついているのだけど、でも「そりゃ理解できるわけないか」と思えるようになってきてから、なんだか少し許容できるようになった。

僕じゃないんだからこの感受性がわからなくて当然だ。

僕というマシーンに一度乗っけてあげたいもんだ。すぐにバッテリーがきれるし、耐久性ひくいし、物事にすぐに飽きてしまうこのマシーンに。そしてその時はじめて気づくだろう「あぁこりゃだめだ」と。「僕くんの言う通りだ」と。

逆に言うと僕は「そっち側」の感覚がわからない。週に5日も労働して、土日も遊びまくれるその体力がわからない。ましてや仕事後に遊びに行く人の感覚なんて全然わからない。

それらはもう「個体差」としか言いようがない。これだけの個体差があればそりゃ同じ感覚なわけがない。そう思えるようになってから少し楽になった。と同時に、僕も自分の中のあたり前が必ずしも他人のあたり前ではない。ということを心しておきたいなと思った。

世の中には何十億とか、こんなにたくさんの人がいるんだ。そりゃ中には僕のような稀な個体がいて当然だと思う。そして理解できないのは当然だけど、「そういう人もいる」という想像力だけはいつだって欠いてはいけないなと思った。

「そっか、君はそうなのか」とできるだけ尊重してあげたい。いや、尊重してあげないといけない。

きっと僕も知らないうちに誰かの感受性を迫害していると思うから。

その時でなければ楽しめないことがある。思想の卒業式

人生何かをはじめるに遅すぎることはないと思う。

だけど、その時でなければ共感できないことや、楽しめないことが僕はあると思う。

例えばここ数年で「新卒蹴ってフリーランスになっちゃいました」系テヘペロ大学生ブロガーをネットでよく見る。

正直彼らの書いているワクワクした新世代的内容の記事が今の僕には全く刺さらない。だけど、僕が25歳とかその辺の頃は、そういう記事に対し素直にワクワクしていた。

ブログで稼いで、仲間とシェアハウスやったりなんだか楽しそうだ。今の僕は全然馴染めないと思うけど当時の僕ならそういうのやってみたかったと思う。

歳をとり、考え方が変わり、思想の脱皮を繰り返し、いつの間にか楽しめていたものが楽しめなくなる日がくる。

それは成長でもあるし、卒業でもある。

もう一つ例をあげてみる。

僕がクラブデビューを果たしたのは27歳の時で遅咲きだった。正直こんなところがあるのかと言わんばかりに、音と酒が楽しかった。

でも少し残念なことに、音と酒は楽しいんだけど、クラブにいる属性の人達、いわゆるウェーイ系やパリピ族、その辺の若者とはなんとなく波長が合わなかった。

僕が20歳の頃とかだったら、その辺ともっと楽しめていただろう。なんて思うと、もう少し早くクラブに出会いたかったなと思う。きっとその時であればクラブがもっと楽しかったと思うし、色んな友達ができていたと思う。

もう一つ毛色の違う例をあげてみる。

僕は歳をとるにつれて明らかに性欲が減退した。性欲が減退する日がくるなんて思ってもみなかった。が来た。そう考えるともっと遊んでおけばよかっただなんて少し思ってしまう。それこそ先で述べたクラブデビューがもっと早かったら楽しかっただろうに。

 

そんな感じで人は色んなものを卒業しながら生きている。思想的な卒業だったり、若さとの卒業だったり。

そして、やっぱり卒業後というのは卒業する前に楽しめたことが楽しめないのだ。その頃のようには二度と楽しめないと思う。

そしてその「卒業式」は突如勝手に訪れる。そして戻れない。だから私たちはその時々の欲求とか思想に全力で向かっていくべきだと思う。

そしてその時楽しめることを楽しみ尽くして、次のステージに進みたい。

もったいぶっていると、突然卒業式がやってくるかもしれない。

まぁ卒業式が来ちゃったら来ちゃったで、それはそれでいいんだけどね。

でもやっぱその時でしか楽しめないようなことはあるし、「あの頃の自分だったら楽しかっただろうな」ということを目の当たりにすると、少し羨ましく思えてしまうのだ。

恋愛感情における「好き」の勘違いについて

最近こんな記事を読みました。

価値観の不一致で離婚に至ったカップルが、「じゃあそもそもなんで結婚したのか?」という話で、「相手に迫られたから」というのが一番の理由とのこと。そんなことが記事に書かれていた。

なんか凄い「わかるなぁ」って気がした。

というのも、自分の体験からも思うのだけど、人って割と「好き」を勘違いすることが多いと思う。

どういうことかと言うと、「好き」という気持ち自体に偽りはないんだけど、本来価値感的には合わない人を好きになってしまうことがよくある。

例えば、童貞時代は顔がタイプだとか、ちょっと優しくされたとかで、中身をそんなに知らなくても激しく好きになってしまうことがあった。

童貞に限らずだけど、なんとなく表面的にノリがあったり、ちょっと共通点があったり、タイミングがあったりすると、人はすぐに恋愛感情をもってしまう。

また、逆の立場からするとそれは凄いよくわかる。

「絶対この子のタイプは俺じゃない!」と胸はって言える女の子から好かれたことがあった。ちょっとDQNっぽい子だったんだけど。この子は絶対もっとオラオラしたEXILEみたいな人か、もしくは結構チャラめの人がタイプだ。

なんか僕のことを勘違いしている。たぶん僕という人間を正しく理解していない。僕はキミの思うような人じゃない。

案の定、深い話をするとあまり話がかみ合わず、本質的な価値観や相性はやはりよくないように感じた。

でも相手は自分のことをなぜか好きだから、凄い優しくしてくれるし、ノリはよくて楽しいし、まぁまぁ可愛いし、なんか積極的だし、全然嫌な気はしない。そして、そんな「勢い」とか「ノリ」で結局同棲までしてしまったことがあった。

僕は途中でストップしたけど、そこまでいくとあとは「情」とかも入ってきて、人によってはこんな感じで結婚に至る人は結構いるんじゃないだろうか。

割と表面的な部分で人を好きになって、勢いとかタイミングで付き合って、一緒にいると情が入ってきて、いい歳だからとか世間体も付随して、結局結婚まで至る。

でも、そんな「恋愛モード」も3年とか5年とか、いつかは落ち着いて冷静になる。そして、今まで「恋愛モード」でなんとなく許されていた「価値感の不一致」みたいなのが表にでてきて、「あぁなんか違う」みたいなのになるんだろう。

だから冒頭に述べた、価値観の不一致で離婚に至ったカップルの「そもそもなぜ結婚したのか?」に対して「相手に迫られたから」という理由になんか共感してしまったのだ。

だから僕は「恋愛モード」の状態を全く信用していない。自分も相手も。なぜなら絶対にソレはいつか醒める。ある意味全然ロマンチックじゃないかもしれないけど。

だから、恋愛モード抜きで本質的に価値観や相性が合うのかどうかを見極めるようにしている。

ちなみに僕を勘違いで好きになった子は僕が去ったあと、秒で違う人といい感じになっていた。案の定チャラめの人だった。